Geographical Research in China 1917

Logo

These beautiful topographic and geological maps of China, published by the Tokyo Geographical Society (Tōkyō Chigaku Kyōkai) in 1917, accompany a research report reflecting the rising Japanese interest around the turn of the century in this vast country’s geography. Several years in the surveying, topographic and geological information are shown along roads in contrast with the blank interiors. The considerable linguistic care given reflect the cosmopolitan nature of this society and its Japanese scientists and cartographers. Appearing in Shina chigaku chōsa chikei oyobi chishitsu zu, Part 1 and 2 (支那地學調査地形及び地質圖 第壱帙 and 第貳帙), the 52 maps have legends in English and Japanese, with location names and points of interest rendered in Chinese and the Wade-Giles system of romanization.

これらの美しい中国地形図と地質図は、1917年に東京地學協會(東京地学協会)により発行されたもので、添付の研究報告書は、世紀の転換期に、この広大な国の地形に日本の関心が高まっていることを反映している。数年に渡っての調査結果であり、空白の内部とは対照的に道路沿いの地形や地質情報が描かれている。かなりの言語的配慮がなされている事から、この協會とその日本人科学者や地図製作者の世界主義的な性質が窺える。 第1部と第2部(支那地學調査地形と地質図第壱帙と第貳帙)に属する52枚の地図には、英語と日本語の凡例があり、地名や注目点などは中国語とウェード式ローマ字 で表記されている。

此圖集名為支那學調査地形及地質圖,係依照東京地學協會所作《支那地學調査》繪成,由該協會於公元一九一七年發行。此調査係沿當時中國主要道路所作,其測量之地形地質資料有限,故圖中留有大量空白之處。此調査所作報告書反映出日本在世紀之交期間,對中國幅員廣袤地理所產生的興趣。此集分為兩部分,共有五十二幅圖,每圖配有和英雙語圖例;圖中地名地標以中文及威妥瑪拼音標註。從此亦可一窺該會科學家與製圖師世界主義的性格。

* * * * *

Use the interactive index map to select area of interest.

or

Click on the Title button to view collection contents.

For more information, visit our guide for this collection.

Browse the Collection